プレスリリース詳細
(2013/09/27)
アダルト男性女性会社員

(株式会社財コンサルティング)

金融リテラシーを身につけ「資産運用」学べるFP会社
20~40代女性中心に小口顧客集め、運用資産額100億円突破

~ 投資教育の重要性説き、非富裕層の資産形成サポートで、日本経済の活性化へ ~

 特定の金融機関や保険会社に属さない独立系FP(ファイナンシャルプランナー)会社として、資産運用の個人相談を行う株式会社財コンサルティング(所在地:大阪市北区 代表取締役:稲葉充)は、9月17日をもって運用資産額(時価ベース)100億円を突破しました。年金不安やアベノミクスを背景に「貯蓄から投資へ」の流れが進む中、国内における投資教育の欠如に警鐘を鳴らす当社は、非富裕層も含めた一般市民が、正しい金融リテラシーを背景に、正しい資産運用を自己決定できるようサポートし、日本経済の活性化をめざします。

クライアント向けセミナーの様子

クライアント向けセミナーの様子

 金融の国際化・自由化が進む中、すでに米英では、学生時代から学齢に応じた投資教育がカリキュラムに組み込まれています。しかし日本では、誰もが早いうちから金融リテラシーを学べるような取り組みには至っておらず、投資や資産運用は「一部の富裕層のもの」と思われがちです。当社の運営する「マネースクールUNO」は、初心者向けの資産運用セミナーを、全国12都市にて無料で開催。セミナー後、個別相談に進み口座を開設した顧客向けには、年2回の有料セミナーで、運用実績の分析や投資商品の見直しなどのコンサルティングを行っています。当社の顧客のうち、20~40代女性は約8割、年収200万~400万円の層は約7割を占めており、小口顧客が多いことが特長です。当社は独立系FP会社としての公正・中立な金融知識を背景に、長期的な視野で資産形成をサポートすることで、国内の個人金融資産1500兆円のほとんどが「貯蓄」として停滞している現状から、投資に向かうお金を増やし、経済効果を高めることをめざします。

毎月2万円から始められる、投資信託メインの運用プラン

 当社の運用プランは、毎月の積立額2万円からスタートでき、積立額が最低購入ロット10万円に達すると投資商品の購入ができます。「分散投資」「定時定額購入」「長期運用」を基本とした、投資信託中心のポートフォリオのため、リスクや手数料が抑えられ、長期的な将来への備えに適しています。毎月の積立を実施している顧客の、2000~2013年の14年間の運用実績は、定期預金の0.025%を上回る年利率4.5%を達成しています。

また、06年には800人であった当社の初心者向け無料セミナーの参加者は、12年には7,000人へと急増し、9月26日現在の投資信託の口座数は独立系FP会社としては国内最高の4629にのぼります。
 

関連アンケート結果一覧

小学生の5人に1人が自分専用の携帯電話を持っている

~バンダイこどもアンケートレポートVol.152より。女の子の保有率が男の子を大きく上回る~

年代別 性別

お風呂に一緒に入るのは僅差で母親が1位

~バンダイこどもアンケートレポートVol.151より。未就学児までは「玩具・人形で遊ぶ」、小学生は「今日の出来事を話す」に変化~

年代別 性別

一番達成したい今年の目標は「水泳がうまくなりたい」

~バンダイこどもアンケートレポートVol.149より。男の子は「サッカー」が「水泳」を上回る~

年代別 性別

2007年のクリスマスプレゼントは、「ゲームソフト」が1位

~バンダイこどもアンケートレポートVol.148より。平均予算は、7,665円~

年代別 性別

こどもが一番好きなキャラクターは、今年もアンパンマン

~ バンダイこどもアンケートレポートVol.154より。 「ポケットモンスター」と「プリキュアシリーズ」も人気 ~

年代別 性別